2015.01.12

さくらの経過……

さくらの経過は良好です。
一時はもう駄目かと思ったほど、ひどい状況でした。
お尻から尾羽にかけてどす黒い血の固まりが、お尻の穴も塞いでいるように見え…
鳥の羽は具合が悪くなると水分を弾かないでジットリと水分を含み濡れます。
日に何度も水浴びをするさくらは、下半身が乾かずいつも濡れていて体温を奪われる状態でした。
きっとお尻の周辺が気持ち悪いので水浴びですっきりしたかったのでしょう。

病院の先生によれば、具合が悪いときは鳥かごの温度は少し高めに設定を~と。
ヒーターは入れていたが鳥かごの外側を毛布で包むようにして室温を上げた。
その方が自然な温度設定ができると次女が考えたことでした。
朝晩の服用と塗り薬を続けた結果、6日の診察から一週間、経過は良好です。
ご覧のようにいつものさくらになりつつあります。

sakura2.jpg

最初の頃は薬を飲ませても塗り薬を塗布しても、抵抗する元気もなかったのですが
今日あたりから嫌がる素振りを見せ始め、これは良い傾向だと次女と喜ぶ(笑)
病院の先生の仰るとおり、一週間程度で良くなれば OK!!☆-(^ー'*)
駄目な場合は、残念な結果になるかもしれないと覚悟をしなければならなかった。
しかもさくらは今年で7歳、普通なら寿命を迎えるかもしれない年齢だといわれました。
さくらに何かあったら、次女はショック死をしかねないほどの可愛がりようで σ(^◇^;)
羽の生え揃わない幼鳥時から、餌を与え育てたさくらのことですから、気持ちはよく分かります。
今年の冬を無事に乗り越えられるように見守りたいですね。
まだ油断はできないと思います。

sakura1

その横で恨めしそうにしている我が家の可愛いみるくでございます (笑)
ちなみにみるパパは回復傾向にありますが、私が少々不安定な状況です σ(^◇^;)
ホッとして安心したら風邪がぶり返したのかもしれません…>_<…

milk

最後まで見ていただいて、ありがとうございました。┏○" ペコリ


↓プチッとワンクリック!! みるくを応援してくださいね。↓

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ